歯科ユニットの購入:ファクタリングの流れはどうなってるの?

ここまでファクタリングの概要についてお話してきましたが、ここからは、ファクタリングが成立するまでの流れについて説明していきます。先程までご紹介してきたように、ファクタリングはレセプト請求による診療報酬を買い取ることで成立します。ですからまず、歯科医院が国保連にレセプト請求をする所から取引が始まります。その後、ファクタリング会社が国保連に歯科医院の行ったレセプト請求について確認し、確認後すぐに歯科医院への入金が行われます。そして2ヶ月後、国保連からファクタリング会社に入金となり、取引は終了です。こういった流れで歯科ユニットを購入したい際などの資金を調達できる訳です。

このようにたった2ヶ月で取引が終わりますし、診療報酬を債権として買い取るファクタリングは、銀行の融資と違い金利がつくことはありません。つまり長い期間をかけて金利を払い、返済する必要はないのです。その代わりに、ファクタリング会社は一般的には1.5%~からの手数料を受け取る形となります。ファクタリング会社は数多くありますが、手続きがスムーズで手数料も割安な、診療報酬の買取専門のファクタリング会社へ依頼することをお勧めします。

歯科医院が銀行からの融資を受けるのは、そう簡単なことではありません。それに、手間や時間もかかりますし、返済の期間も長くなります。ですから、金融機関に頼らない資金調達の方法を知り、実践していくことが経営を上向きにする一つのカギとなるのです。医院の経営が厳しい状態であっても、患者さんに安心して治療を受けてもらうため、最新の歯科ユニットを導入したい。そんなあなたの想いをかなえるため、診療報酬を活用した「ファクタリング」で資金を調達してみるのはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です