歯科ユニット購入のために知っておきたい資金調達法

最新型の歯科ユニットを購入したいと思っても、その金額はご存じのとおり最低でも1台300万円はかかってきます。院内の歯科ユニット全てを買い替えたり、購入したりするとしたら、必要な資金はかなり高額になってきます。キャッシュで賄える余裕があれば何も心配いりませんが、多くの場合融資や借入を行うことになるかと思います。しかし、個人経営であり、収入の安定を証明するのが難しいなどの理由から、歯科医院は銀行からの融資を受けるのが難しいという現実があります。

歯科ユニットの購入・買い替えのための資金調達

開業資金、追加融資、つなぎ融資など、全てにおいて審査はなかなか厳しいのです。そんな困った状況の時、知っておいて欲しいのが「ファクタリング」という診療報酬を活用した資金調達の方法です。

あなたはファクタリングという資金調達の方法を知っているでしょうか?初めて聞いたという方も、知ってはいたけれどいまいちよく分かっていないという方にも分かりやすいように説明していきます。ファクタリングとは、簡潔に言うと国保連に行なうレセプト請求を買い取り、即時キャッシュ化するサービスのことを指しています。国民健康保険団体連合会、通称国保連に毎月行うレセプト請求。それは2ヶ月後に振り込まれる仕組みですよね。しかしファクタリングを利用すると、レセプト請求を行った時点で即時入金されるのです。手元にすぐキャッシュが入りますから、急な出費や支払いがあっても、乗り切ることができます。

さらに、歯科ユニットのローンを組んだり、購入する場合の頭金が足りないといった場合でも、2か月を待つことなく現金が手に入るので資金繰りは一気に良くなるのです。ここまで見てみると、いいことづくめのファクタリング。実際にどういった流れでファクタリングが行われるのか、詳しく見ていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です