ファクタリングと銀行融資、ココが違う!

銀行の融資とファクタリング、違いがあることはわかっていても、どう違っているのかきちんと分かっていないという方もいるのではないでしょうか。ここでは、両者の違いについて解説していきます。

それは、審査にかかるスピード・手間の違いです。銀行から融資や借入を受ける際の審査はとても複雑なものです。あなたの医院の経営がどのような状態にあるか、どれほどの収益をあげているかを厳しくチェックされるほか、多くの打ち合わせ・提出書類があります。これらが日々の業務に加えて発生する上、審査を通らない可能性もあります。

しかし診療報酬を活用した資金調達法であるファクタリングは、提出が必要な書類はほぼなく、面談なども行いません。その審査はとても簡単なのです。同じ金額を扱うのに、どうしてここまで審査がスムーズなのでしょうか?

銀行で融資を受ける場合、金利がかかりますから長いと10年先まで、毎月確実に返済をしていく必要があります。そのためには、返済期間中ずっと安定した収益と経営を行えるかどうか、かなり時間をかけて厳しく慎重に審査されるのです。ですが、ファクタリングの場合は、医院の経営状態や収益は審査されません。といいますのも、ファクタリング会社が買い取るレセプト請求は2ヶ月後に必ず入金されるので、返済はその時点で完了してしまうからです。

また、歯科医院ではファクタリングを利用しやすいという側面もあります。それは、このレセプト請求及び診療報酬が、確実に回収できるお金だからです。ファクタリング会社からしてみれば、倒産というリスクなしに手数料が入ってくる歯科医院は優良な顧客といえます。同時にリスクがないことにより、他業種に比べて手数料が安く設定されています。まさに、win-winの関係といえますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です